review

人間の争いに宗教的な存在は手を貸すべきではないのか『純潔のマリア』

人間の争いに宗教的な存在は手を貸すべきではないのか『純潔のマリア』
『純潔のマリア』(3)石川雅之/講談社
今週は石川雅之『純潔のマリア』3巻が発売されます。

序盤はタイトルの通り、処女で男を知らない(のに)魔女マリアと、彼女が駆使するサキュバスによる、戦争ぶっ潰しコメディでした。
処女でチンコ見たことないから、インキュバスが作れないマリアちゃんかわいい。

ところが途中から、彼女がなぜ戦争をぶっ潰すのかの理由が見えてきます。物語は人間の歴史と宗教そのものを問う内容に。
イギリスとフランスの長すぎる戦争。損をしているのは罪のない村人達ばかり。
マリアは平民達が困っているのを見捨てられず、ある程度魔女としての力を持っているから、見えるところから片っ端から助けていた。善意でした。
「あたしが見たくないってだけで戦争やいさかいを止めたとしても、皆がそうすりゃ世界はよくなるもん」

すっごくマリアの言っていることは、正しく見えます。それはまあ、こちらが人間だから。助けてくれる存在が悪いわけがない。
そこに現れる、大天使ミカエル。
お前は全ての人を救えるのか?できないだろう?ならば手を貸すことは、人間達の生き方を乱すだけだ。
天上の教会は、地上を見守るのが役割。手は出さないのがこの世の理。
ミカエルに「処女を失うと魔力が奪われる」という封印をされてしまいます。

それでも、ささやかな人間達の祈りの手紙を拾っては、あちこち奔走して少しでも助けようとする、人間が大好きな魔女、マリア。
マリアを理に背くものとして監視し、断罪する立場に立たされている、ミカエルとその使いエゼキエル。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。