bit

肉じゃがもタパス!? スペインのおつまみ文化とは

肉じゃがもタパス!? スペインのおつまみ文化とは
セミナーの講師はジョセップ・バラオナさん(写真)と柴田書店編集者である木村真季さん
ここ数年、世界的にタパスがブームになっている。タパスとはスペインで生まれたおつまみ文化のこと。最近は日本でも耳にする機会は増えたが、実はよく知らない人も多いのでは?

先日、都内で開催されたスペイン食品とワインを紹介する展示商談会「スペイングルメフェア2013」で、タパスをテーマにしたセミナーに参加。意外に知らないおつまみ文化について聞いてきた。

タパスとはひと言でいえば、小皿にのせた料理、おつまみのこと。
「タパスは特別な料理じゃなく、出し方のこと。日本の肉じゃがだって、小皿にのせて出したらタパスと呼べる」
と教えてくれたのは、この日の講師を務めたジョセップ・バラオナさん。スペイン出身のジョセップさんは1991年に来日。現在は、1日1組のみのレストランアトリエ「L’estudi(レ・ストゥディ)」を主宰している。

タパスのメニューは店や地域によって違うが、オリーブや生ハム、マリネ料理や揚げ物類などが定番。もともとタパとはスペイン語で蓋の意味で、タパスはその複数形。昔はワイングラスに虫が入らないよう、生ハムなどで蓋をしながら飲んだのが名前の由来。13世紀には、アルフォンソ10世が酒と一緒に食べ物を出すことを命じる勅令を出したことが、おつまみ文化発祥のきっかけといわれているそう。

日本を含むアジア各国には少しずついろいろな料理を食べる文化が昔からあるが、欧米では1品がそれなりのボリュームで出てくるのが一般的。そのため、タパスはレストランや家庭ではなく、バルで食べるものという位置づけだ。ちなみにバルは日本ではバーと訳されることが多いが、実は朝から晩までやっていて、喫茶店やファミレス感覚でも使える場所。スペイン人の生活には欠かせないもので、1日に2~3回同じ店に行く人もいるのだとか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。