bit

賛成? 反対? 今、欧州で急速に広がる電子たばこ

フランスで電子たばこの愛好家が急速に増えている。電子たばことは、円柱のタバコ型をしたステンレス製の本体に、ニコチン入りの液体カートリッジを取り付け、その液体を電気で帰化し発生した煙(蒸気)を吸引するものだ。日本では禁煙のための道具というイメージが強いが、フランスでは禁煙目的とは限らない。

世論調査ユーロバロメーターによれば、2012年において欧州連合(EU)では2300万人、フランスでは300万人が電子たばこを試したことがあり、そのうちフランスでの利用者は50万人いるそうだ。フランスにおいて電子たばこは、通常のたばこよりコストが年間で3分の1程度になるという。どのような用途が多いのか。

仏電子たばこ小売店「デーベーシーグ」によれば、たばこはやめられないものの、通常喫煙時に含まれるニコチン以外の有害物質の摂取を控えたいために電子たばこを愛用する人が多いという。さらに電子たばこでは液体を帰化させた蒸気を吸うため、通常のたばこの煙のように広がらない。ゆえに周囲に迷惑はかかりづらく、禁煙の場所でも吸える場合があり、電子たばこに乗り換える愛煙家もいるそうだ。もちろん喫煙量を下げたい利用者もいる。

日本では薬事法上、ニコチン入りのカートリッジは販売できず、購入は個人輸入に限られている。そのため海外の電子たばこ店では、ニコチン入りカートリッジを求める日本人ユーザー向けに、インターネットを通してビジネスを強化しているところもある。日本ユーザーの主な購入先は中国だが、デーベーシーグも商品購入について、メールの日本語対応を始めたそうだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク