review

「あまちゃん」のデザイン、きゃりーぱみゅぱみゅグラフィックスがぎゅっと詰まった一冊

誠文堂新光社のデザイン専門誌「アイデア」の最新号となる361号(10月10日発売)は、デザインに少しでも興味のある人は買っておいて損はないと思う。なぜか? おおげさなことを言うなら、2013年という年の、デザイン、あるいはサブカルチャーやポップカルチャー全般にわたるエッセンスみたいなものがこの号にはギュッと詰まっているように感じるからだ。

と、私がそんなことを言わなくても、特集のタイトルを見ればすぐわかっていただけよう。だって、「『あまちゃん』のデザイン」、「きゃりーぱみゅぱみゅグラフィックス」、「アイドル・アイデンティティの時代」という特集が並んでいるのだから。さらに往年のCBS・ソニーの音楽雑誌「PATi-PATi」のアートディレクションなどで知られるデザイナーをとりあげた「染谷淳一の文字というデザイン」も含め、各特集は独立しているようで、内容的にはゆるやかにつながっている。少なくとも私はそう受け取った。

残念ながらAmazonでは発売から1週間も経たないのにすでに品切れのようだが、これはきっと「あまちゃん」ファンが飛びついたせいだろう(まだ買っていない人は書店か、版元のサイトから注文してください)。脚本や演出、音楽などすでにあらゆる要素から語りつくされた観のあるNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」だが、デザインについて本格的にとりあげたのは「アイデア」がおそらく初めてではないか。

もともとNHKのドラマにおける美術には定評があるが、「あまちゃん」では作品世界をリアルに見せるため、大道具から小道具まで、本当に細かいところまで意匠が凝らされていた。「デザイン」編集部もそこに注目し、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク