bit

コネタが10周年なので10ユーロで仏コース料理をそろえてみた

コネタが10周年なので10ユーロで仏コース料理をそろえてみた
10ユーロで購入できた品々(調理前)
エキサイトニュースが10周年を迎えた。せっかくなら「10」にまつわる何かをしようと思い、パリのスーパーマーケットで、10ユーロ札(約1300円)1枚でフレンチのコース料理をそろえられるか試してみることに!

ルールは、まず誰でも作れること。野菜や肉などを買って包丁などで調理をするのではなく、電子レンジや鍋に入れて温める程度の手間で作れる商品を選ぶこと。次に前菜、主菜、デザートにワインを合わせたコース料理の体裁を整えること。三つ目に割引品を含まないこと。この3点を念頭に、電卓片手に仏大手スーパー「モノプリ」で物色した。

さて前菜から順に探してみる。フォアグラがあれば最高だが、そんな予算は全く無いので、豚肉を使った加工品で折り合いを付けたい。それでもハム関係は安くて2ユーロ(約270円)台。主菜やワインなどお金がかかりそうな品物が残っているので、できれば1ユーロ(約134円)台で抑えたいけど……陳列棚を家の冷蔵庫のごとくガサゴソ探していると、あった。豚とカモのパテ2種類セットで1.5ユーロ(約200円)。パテとは肉などの具材を細かくしたりムース状にしたものを練り上げた、定番の前菜だ。2つの味が楽しめるなんて、なんてお得な。買物カゴに入れて残り8.5ユーロ(約1140円)。

主菜はそれなりのものを食べたい。前菜のように、ここも数種類の食材で皿を彩れればいいが限度がある。缶詰や電子レンジで簡単に調理できる商品の中から悩んだ結果、レディーミール(電子レンジで2分)のカスレ3.05ユーロ(約410円)を選択。カスレとは白インゲン豆とソーセージ、カモ肉などを土鍋で煮込む仏南西部の郷土料理だ。地方色も出していくか! しかも商品名は「マスターシェフ」、期待も持てる。残り5.45ユーロ(約730円)。

あわせて読みたい

  • 仏マクドナルドはセットにポテトが付かない!

    仏マクドナルドはセットにポテトが付かない!

  • フランスではセールでも店は勝手に値引きできない

    フランスではセールでも店は勝手に値引きできない

  • コネタの記事をもっと見る 2013年10月31日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース