bit

おでんの決め手はダシです。東京都北区のおでんの歴史と、新たな歴史を作る商店の取り組み

おでんの決め手はダシです。東京都北区のおでんの歴史と、新たな歴史を作る商店の取り組み
東京都北区でおでんが流行中?
テレビ東京『アド街ック天国』で東十条特集が放送され、さらに人々の注目を集めることとなった東京都北区。そんな北区だが、最近は「おでん」がかなり盛り上がってきているようだ。
2012年、東京商工会議所北支部が中心となり発足した「北区おでんのまち推進事業」が、今年は新たに10月10日を「おでんの日」と制定。さらに11月10日までの1ヶ月間を「北区おでん月間」として、区内の33店舗による参加・協力のもと、公式サイト公式Facebookページでおでんに関するさまざまな情報を発信する。そのほか、おでんを使った新メニューの開発、まち歩きツアーなどを様々なイベントも行っている。

しかし、なぜいま再びおでんに注目しているのだろうか。
東京商工会議所北支部に電話して聞いてみたところ、「同支部の役員で、推進事業を中心となって行っている田村さんという方が、北区おでん発展の経緯について詳しい」 とのこと。

さっそく田村さんに、おでんの歴史、町おこしにおでんを選んだ理由などを聞いてみることに。さらに図書館でも、北区の歴史とおでんの関わりについて調べてみた。

北区の歴史と「おでん」の関係
北区とおでんとの関わりは、どうやら大正時代から始まっていたようである。
おでんの登場は明治時代だが、当時の東京ではあまり作られていなかった。しかし大正12年、関東大震災が発生し、東京は甚大な被害を受け、北区の赤羽駅や田端駅にも多くの被災者が集まったという。そこに炊き出しとして、おでんは再び登場することとなる。

あわせて読みたい

  • 話題の「ちくわパン」を食べてみた

    話題の「ちくわパン」を食べてみた

  • 大根、うまく煮えてますか

    大根、うまく煮えてますか

  • コネタの記事をもっと見る 2013年11月8日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら