bit

目的地まで行かない!? パリの交通機関でよくあることとは

目的地まで行かない!? パリの交通機関でよくあることとは
不便さも慣れてくると気にならなくなるから不思議
パリの面積は山手線の内側と同じくらい。そこに14本の地下鉄とバス、トラム、市内と郊外を結ぶRER(高速郊外鉄道)が走る。パリの公共交通機関の日常を紹介します。

■切符が買えない
改札口に券売機がない入口がある。もしくはICカード式定期券のチャージ機しか置いていない場所がある。そのため入口を見つけても切符を買えず、自動改札を抜けられない。一部のやんちゃなパリジャンは、入口の自動改札を前の人にくっついて抜けたり、飛び越えたり、人が出てきた出口から中へ入ったりする(地下鉄は均一料金でホームに入る時のみ改札があり、出口には一方向に開く扉が設けられている)。しかし、そういう日に限って検札に会い罰金を科せられる。

■おつりは硬貨オンリー
券売機のおつりはすべて硬貨で返される。例えば切符1枚(1.7ユーロ)を20ユーロ札で払うと、少なくともおつりで11枚の硬貨が戻る(2ユーロ硬貨9枚と20サンチーム硬貨1枚、10サンチーム硬貨1枚)。もちろん財布は一気に膨れ上がる……。現金払いは不便なものの、どの券売機やチャージ機もクレジットカードに対応している点は便利だ。

■目的地まで行かない
特にバスで多いのが、目的地まで行かず途中で運行停止になること。急にアナウンスが入り乗っていた車両が回送に変わる。文句を言ってもどうにもならないので、乗客も嫌な顔はしつつも、しぶしぶ次に来るバスへ乗り換える。よくあるこの手の運行停止や遅延を逆手にとって、何も遅れていなくても遅刻のいい訳にできるという点では、利点になる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月2日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。