review

めっちゃ食べ物の味がする!「東京虫食いフェスティバル」で虫を食べてきた

       
「『食べちゃいたいくらいかわいい』って言って、本当に実行できるのは虫くらいですよ」
わ、わ、わかんねー!

11月23日、新宿ロフトプラスワンで「東京虫食いフェスティバル☆番外編」が行われた。
登壇者は昆虫食研究の第一人者・内山昭一虫食いライター・ムシモアゼルギリコ、昆虫食ガイド本『むしくいノート』編集者・川又宇弘、昆虫食と昆虫の生態を研究する大学院生・蟲喰ロトワ。そのほかにもゲストとしてデコゴキアーティスト・岡本リサ、虫好きタレント・カブトムシゆかりも。とにかく出る人出る人(理由や態度はさまざまだが)虫に心を奪われている。

イベント参加者の大半は、ヘビーな昆虫食好きというより、昆虫食に興味を持ってやってきた人。イナゴくらいは食べたことはあっても……という人たちが大半だ(かくいう私もその一人)。
用意された限定虫メニューは六種類。
・虫のせ伊勢うどん(ハチノコ+伊勢うどん)
・虫オードブル(アリ入りジャム、イナゴの佃煮、コオロギソテーのせ)
・ミールワームのフライ
・糞茶
・蜂の焼酎
・タガメテキーラ

一番人気だったのは虫のせ伊勢うどん。30分しないうちに売り切れてしまった。監修・石原壮一郎(ライター・伊勢うどん大使)のニコニコ顔が目に浮かぶようだ。
「虫たちの勤労に感謝!」の音頭で乾杯(勤労感謝の日だったため)。虫メニューをつまみはじめる。
虫のせ伊勢うどんは、一口食べて「うわっ、おいしい」。ハチノコが伊勢うどんのタレと合わさって、肉そぼろとおかかの中間みたいな味になっている。噛んでみるとプチプチ感のあるやわらかさ。伊勢うどん単体で食べるより飽きがこない。これ、近所のうどん屋で食べたいなー。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。