review

ヤクルト愛を貫く宮本慎也が改めて語る。野村監督から示された「道」とは

「5月頃に一度、9番に落とされたよね。あれ、ムカついたでしょ? 原監督、もういないから教えて(笑)」
質問の主は、エモやんこと江本孟紀。質問した相手は、今季セ・リーグ新記録となる月間46安打を放ち、7・8月と2ヵ月連続で月間MVPにも選ばれた、男・村田修一だ。
「そうですね。何かしらアクションを起こさないと……5月6月で、打率がグーっと下がっていたのでこのままじゃ例年通りになってしまう! というのが頭のど真ん中にありました。そこを払拭したいということで、打ち方、考え方の両方を思い切って変えたのが功を奏したのかなと」

これは、9日に開催されたニッポン放送のイベント『ニッポン放送 ショウアップナイター CONFERENCE』でのやり取り。ニッポン放送アナウンサー松本秀夫とニッポン放送野球解説者の江本孟紀がホスト役を務めたこのイベントでは、巨人軍・原辰徳監督、菅野智之投手、村田修一内野手、そして今季限りでヤクルトを引退した宮本慎也が順々に登壇し、リレー形式で対談を行った。
最初のゲストである原監督が、この日夕方から行われる片岡治大の入団会見のために退席すると、江本の質問はより内角へ。やんわり話題を変える村田を逃さず、「9番に落とされたきの心境を教えて。本音を知りたい」と再度この話題を繰り返すと、村田がようやく当時の心境を吐露した。

「あの時は、徐々に5番から(打順が)下がっていたんで、『そろそろ危ないかな』と自分の中でも感じていましたね。以前(横浜時代の2005年)にも一度、9番に落とされたことがありまして、その時『9番の次は何番だ?』と(牛島監督)に聞かれて『1番です!』と答えたら『スタメン外だ!』と言われた経験もあったので、今回は心して9番を打たせていただきました」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ニッポン放送」に関する記事

「ニッポン放送」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ニッポン放送」の記事

次に読みたい「ニッポン放送」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月12日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ニッポン放送 イベント
  2. ニッポン放送 ラジオ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。