review

『あぶさん』完結宣言で振り返る、景浦安武の野球人生

『あぶさん』完結宣言で振り返る、景浦安武の野球人生
連載終了が発表された『あぶさん』(水島新司/小学館)。連載開始時(1973年)の南海の監督はプレイングマネージャー時代の野村克也。1巻の表紙にはこの二人が描かれている。
野球漫画の金字塔『あぶさん』が来年2月5日発売の『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で完結することが発表された。
『あぶさん』とは、酒豪の強打者・景浦安武、通称あぶさんが主人公の野球漫画で、1973年から40年以上に渡って連載を続けてきた作品だ。プロ野球・南海ホークスにドラフト外で入団し、「代打専門」として活躍した後、ダイエーホークス時代にはレギュラーを掴み三冠王にも輝いた。そして2009年、62歳で現役を引退。翌年からはソフトバンクホークスの二軍助監督を務め、今年は一軍助監督に昇格……とホークス一筋の野球人生を歩んできた。
その間、結婚し、子供が生まれ、その子供もプロ野球の世界に入り、やがて同じチームへ……という大河ドラマを演じてきたのと同時に、リアルタイムでプロ野球の歴史も紡いできた点に本作の大きな価値がある。つまり、『あぶさん』を読めば、70年代以降のプロ野球の歴史(特にパ・リーグ)がわかるのだ。

70年当時のパ・リーグといえば、「人気のセ、実力のパ」という言葉の通り、球場には閑古鳥が鳴いていた状況が懐かしい。そこから80年代に入ると清原和博が西武に入団し、西武黄金期の到来とともに、パ・リーグの注目度が徐々に高まりを見せ始める。
以降も野茂英雄、イチロー、ダルビッシュ、そして田中将大など、球界を代表する選手は軒並みパ・リーグから出現。今季、東北楽天が日本一に輝き、セパ交流戦では毎年のようにパ・リーグ勢がセを圧倒しているように、「実力のパ」はますます高まりをみせている。そのバックボーンとして、地道にパ・リーグの人気を支えてきた『あぶさん』の存在も大きかったのではないだろうか。

あわせて読みたい

  • 「ドカベン・ルール」で話題騒然甲子園、まだまだある水島新司の予言的展開

    「ドカベン・ルール」で話題騒然甲子園、まだまだある水島新司の予言的展開

  • 「ドカベン」連載40周年&水島新司誕生日記念! 水島ワールド今後の展開を予想してみた

    「ドカベン」連載40周年&水島新司誕生日記念! 水島ワールド今後の展開を予想してみた

  • リア充の翼、童貞の山田と一歩。どこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。スポーツ漫画・あの主人公は今

    リア充の翼、童貞の山田と一歩。どこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。スポーツ漫画・あの主人公は今

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年12月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら