review

その世界で功績を残した人が立て続けに亡くなる年がある“年代本”から見えてくる未来2

その世界で功績を残した人が立て続けに亡くなる年がある“年代本”から見えてくる未来2
吉崎達彦『1985年』/新潮新書<br />エコノミストである著者が、《右肩上がりの発展を続ける戦後日本がたどり着いた「坂の上の雲」》と位置づける1985年を、さまざまな切り口から検証した1冊。速水健朗『1995年』(ちくま新書)も、本書に大きな影響を受けたという。『1985年』の各章における「政治」「経済」「世界」「世界」「技術」「消費」「社会」「事件」というテーマ設定は、『1995年』もほぼ踏襲している。
前編に引き続き、ある特定の年を時代の転換点ととらえた“年代本”を紹介するこの企画。後編では、1972年、1985年、1989年、1995年を振り返った4冊をとりあげたい。

■坪内祐三『一九七二 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」』(2003年/文庫版、2006年)
文芸評論家の坪内祐三(1958年生まれ)は、大学で学生相手に戦後史を教えるなかで、高度成長期の急激な時代の変化のピークは1968年であり、そして変化が完了するのは1972年だと思い至ったという。しかしこの歴史観は、1972年以降に生まれた世代にはほとんど通じない。本書は、そんな若い世代との対話の試みとして書いたのだと、坪内は説明する。

本書では、連合赤軍事件や田中角栄政権の発足などといった社会的事件とともに、「ぴあ」の創刊、矢沢永吉らのロックバンド・キャロルのデビューなどサブカルチャー的事象が、一つの連なりをもって論じられている。しかも、それらが、著者である坪内(1972年当時は14歳)の体験を交えて語られているところに、本書(というか坪内の著書全般にいえることだが)の大きな特徴がある。

たとえば、旧日本兵・横井庄一の27年ぶりの帰還をとりあげた回と、同じく旧日本兵の奥崎謙三をとりあげた回のあいだに、東京・渋谷の大盛堂書店の地下にあったミリタリーショップの思い出を持ってくるあたりが、この本の面白いところだ。創刊当時の「ぴあ」についての記述も、その3号目から購読していたという著者だけあって、当時読んでいた者でしかわからない同誌の画期性みたいなものがよく伝わってくる。

あわせて読みたい

  • オウムもエヴァも震災もプリクラもあった『1995年』は果して異常な年だったのか

    オウムもエヴァも震災もプリクラもあった『1995年』は果して異常な年だったのか

  • ラーメンは民主主義のメタファーなのか?『ラーメンと愛国』

    ラーメンは民主主義のメタファーなのか?『ラーメンと愛国』

  • 検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その1「おたく」「自粛」「巨乳」「サティアン」

    検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その1「おたく」「自粛」「巨乳」「サティアン」

  • 検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その2「ミレニアム」「稲垣メンバー」「炎上」

    検証30年・新語・流行語大賞に選ばれなかった言葉。その2「ミレニアム」「稲垣メンバー」「炎上」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年12月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら