review

プロ野球の世界だけ甘いなんてことは当然ありません「プロ野球戦力外通告」プロデューサーに聞く2

菊野 選手たちも結果を待っている間、もちろん一日中練習をしているわけじゃないんですね。練習のあと何をしているかといえば、喫茶店で新聞読むことがあれば、選手によってはパチンコに行く場合もあるわけですよ。当然、取材ディレクターもパチンコに付いて行くわけですが、お店に怒られてしまうので、隣に座って一緒にパチンコを打つわけです。結果、1日に2万も3万も注ぎ込んでずっとパチンコやってる、みたいな状況になる場合もあります。「パチンコ代がぁ」と泣き言を言ってくるディレクターもいるんですが、「いや、それでもお前一緒にいろ!」と(笑)。そして、電話がかかってくるとお店の外に出てもらってカメラを回す。というようなことが実際にありました。


《時代によっても年齢によって感じるところは変わってくる》

─── 10年続いたこの番組で、変わらないのがナレーションの東山紀之さんです。東山さんとは普段、この番組に関してどんな話を?

菊野 東山さんは、「ZONE」時代からナレーションをお願いしているので、今年で13年のお付き合いになります。東山さんもその間に結婚され、お子さんを持ち、と環境が変わる中で、東山さん自身もものの感じ方が変わっていると思うんです。その時その時にいろんな選手が出演するので、シーンによってはVTRを見ながら声を詰まらせてちょっと止まったりだとか、VTRを見入ってしまって「あ、読むの忘れちゃった!」という時もあるんですね。でもそれは東山さんに限らず、時代によっても年齢によって感じるところは変わってくるじゃないですか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク