小沢 「ゼビウス」で始まって「ゼビウス」で終わる……このドラマを先に見なくて良かった。トイボ完結前にもしこのドラマがあったら、僕らも最後に「セビウス」を出しちゃっていたかも。

佐藤 ドラマの制作途中に『大東京トイボックス』の存在を教えてもらったんです。それで、パラパラっと見たんですけど、「ヤバい! これは終わるまで見ちゃダメだ!」と。それで、ドラマの制作が終わった後にちゃんと読み始めたんです。本当に……終わってから読んで良かったぁ。なんなら、ドラマで「ゼビウス」出すのを止めていたかもしれない。

12月29日、阿佐ヶ谷ロフトで開催された「大東京ノーコンナイトグルーヴ」で、二組のクリエイターは同じ考えを抱いていたことを吐露した。
この日のイベントに登壇したのは、テレビ東京系ドラマ『ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜』で原案・シリーズ構成も務めた脚本家の佐藤大。そして、こちらも原作の漫画『東京トイボックス』テレビ東京でドラマ化され、さらには今月から続編『大東京トイボックス』も引き続きドラマ化されている漫画家「うめ」こと、小沢高広(脚本・演出担当)と妹尾朝子(作画担当)の二人だ。

ゲームセンターを舞台にした友情を描いた『ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜』は、「ゼビウス」や「ドラクエ」「スーパーマリオ」など実在するゲームは全て実名で登場。さらには「ゼビウス」のゲームデザインを手がけた遠藤雅伸や「ドラクエ」の生みの親である堀井雄二などがゲスト出演したことでも、ゲームファンを中心に支持を集めた。