bit

難しい哲学をビジュアル化した本

「哲学には興味はあるが難しそう」と思っている人。その通り、哲学は確かに難しい。なんてったって細かい活字で抽象的な論理を展開していくわけで、これに我慢して読み続けるのはかなりしんどい。そこで、そんな哲学書をもっと身近で読みやすく、分かりやすくビジュアル化した本がある。それが、「哲学大図鑑」(ウィル・バッキンガム著)だ。

同書は、各章の命題をイラスト化して構成している。たとえば、デカルトの「我思う、ゆえに我あり」は、考える人の頭の中から、もう一人の考える自分がもわもわと煙のように出てくる絵。キルケゴールの「不安とは自由の眩暈だ」では、頭の中にいくつもの方向を示す手が描かれている。

もちろん、これらが意味をすべて表しているとはいえず、その哲学者の文章を記憶する手助けとして、シンボル的なものとしてあるのだと思う。しかし、これがあることで難しい内容がいくらか理解しやすそうに思えてくる。

ほかにも、本文にはポイントとなる短い文章をいつくか取り上げてそれを図式化したり、テーマに沿った写真、絵画といった図版もふんだんに盛り込まれている。これらもやはり本文の細かい活字を読まなくてもアウトラインを掴むのに役立つし、絵と言葉をセットにすることで、各ページがそれぞれ印象深くなる。ページをめくるごとにさまざまなイラストが楽しめるので飽きることもない。

哲学の名言には、「我思う」や「自由の眩暈」のほかにも、「人間は考える葦である」(パスカル)、「神は死んだ」(ニーチェ)、「実存は本質に先立つ」(サルトル)、「人間とは最近の発明品だ」(フーコー)など、さまざまなものが残されている。哲学者たちは深遠な意味を短い文章に表すことによって、赤人や貫之の短歌、芭蕉や一茶の俳句のごとく多くの人に感銘を与えてきたのである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク