review

独りですが、何か?『独居老人スタイル』のゆるぎない「バカ」に参った

独りですが、何か?『独居老人スタイル』のゆるぎない「バカ」に参った
『独居老人スタイル』都築 響一/筑摩書房<br />味わい深いカバー絵とカバー裏のオブジェは、本書に登場する独居老人によるもの。
本文の前におかれる、カラー写真からインパクト十分。
全裸で逆立ちしていたり、ゴミだらけの部屋に住んでいたり、首をつっていたり(死んではいない)する老人たち。

現代美術や建築・写真・文芸などさまざまな分野で、誰もが気付かなかった鉱脈を掘り当てる都築響一。今回注目したのは、高齢化社会の日本で増加傾向にある、一人暮らしの高齢者だ。
『珍日本超老伝』『演歌よ今夜も有難う』といった、年配率高めのユニークな人々を取材した著作、その続編といえる本書『独居老人スタイル』
著者が独居老人たちに聞く事柄は、大まかに分けると2つ。現在の一人暮らしに至るまでの経緯と、どのような生活を送っているか。シンプルな問いから、彼らの見た目だけではわからない、意外な半生や日常が浮かび上がってくる。

たとえば先ほど挙げた、首をつる老人・首くくり栲象(たくぞう)さん。
昭和22(1947)年生まれの栲象さんは、高校を卒業して、演劇を志し群馬から上京。パフォーマンスアートに、突如目覚める。上野公園で猿回しの芸を見たからかもしれない。というものの、痙攣パフォーマンスを経て、なぜ首をつることにしたのか自分でも理由はよくわからないと話す栲象さん。
理論ではなく、感覚で生きる人なのである。

現在は、自宅の庭を舞台にしての公演「首くくりアクション」を、十数年に渡り行っている。開催は、月に4、5日。ただし、それ以外の日も日課として首はつる。
合間にすることといえば、コーヒーを飲んだり、本を読んだり。最後は、こたつに潜り込んで寝ることの繰り返しを黙々とこなす。

あわせて読みたい

  • 人生を終わらせるための断食。死んでもいいのか『死にたい老人』

    人生を終わらせるための断食。死んでもいいのか『死にたい老人』

  • 泣きべそなんてさよならだ!『キャンディ・キャンディ』復活のその日まで

    泣きべそなんてさよならだ!『キャンディ・キャンディ』復活のその日まで

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年1月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら