review

センター試験に登場。検証・手塚治虫は手塚治虫をどう描いたか

       
1月18日に実施された大学入試センター試験「日本史B」では、近現代の政治や経済などについて、マンガ家・手塚治虫に関する文章を読みながら答えるという設問があり、新聞などでも結構大きく報じられた。その問題用紙には、手塚の短編「紙の砦」から、少年時代の手塚の分身たる主人公、その名も大寒(おおさむ)鉄郎が、動員された軍需工場でこっそりマンガを描き続ける場面も引用されていた。

「紙の砦」は1974年に「少年キング」にて発表され、その後、大都社版の単行本『紙の砦』、講談社版の手塚治虫漫画全集の第274巻『紙の砦』、さらに同じく講談社の手塚治虫文庫全集の第80巻『ゴッドファーザーの息子』に収録されている。これら単行本はいずれも手塚本人が主人公となる短編を収めたものだ(ただし単行本によって「紙の砦」以外の収録作品が微妙に違うので注意)。

思えば、手塚治虫ほど自伝的作品にかぎらず自作に自分を登場させたマンガ家もいないのではないか。いや、たしかに作中に作者自身が出てくるマンガは手塚作品のほかにもたくさんある。当の手塚が、講談社の漫画全集版『紙の砦』のあとがきで書いているように、どうも《漫画家はなんらかの姿で、自分を画面に出したがるもの》らしい。

《漫画家は概して作品を自分の思想の形象物と考えており、自己の代弁者として自画像を登場させるのではないかと思います。だから、登場人物と一線を画している場合が多いのです》

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。