bit

アメコミファンよ高円寺に集え!! 海外コミック翻訳本マンガ喫茶が誕生

アメコミファンよ高円寺に集え!! 海外コミック翻訳本マンガ喫茶が誕生
店主の内尾由生弥さん&充希さんご夫妻。シックな店内にはマニア垂涎の希少本やポスターなども展示されている。
近年は映画『ダークナイト・ライジング』などのヒットを受けて、フィギュアなどのキャラクターグッズも含め熱い注目を集めている“アメコミ”業界。
こういったヒーローのものの原作はアメリカの出版社「マーベルコミックス」「DCコミックス」などのマンガ作品なのだが、原作を読んだことのある人は意外に少ないのではないだろうか?

そんななか、東京・高円寺に昨年11月にオープンした「ACBD」は、国内初のアメコミの日本語翻訳本や、フランス語で書かれたマンガ“バンド・デシネ”などを専門に扱うマンガ喫茶。古着屋が立ち並ぶ一角にあり、オープンスペースの店内はスパイダーマンの主人公、ピーター・パーカーの部屋をイメージしたという内装がとても落ち着く空間だ。

自らもアメコミファンである店主の内尾さんに、このユニークなお店をオープンした経緯と、アメコミやバンド・デシネを取り巻く状況などについて聞いてみた。

「アメコミの翻訳本は装丁がしっかりしているものが多いので、定価は1冊2000〜3000円程度。ちょっと興味があるから……と買うには躊躇するような値段なんですよ。私も最初にアメコミに興味を持ち始めたころに調べてみたんですが、こういった作品を読めるマンガ喫茶はなかった。そこで、自分の趣味も兼ねて2012年から試験営業を始めたんです。実は本業で行政書士をしていて、この近所にある事務所の一角をそのまま使っていました」(以下、内尾さん)

あわせて読みたい

  • トキワ荘のあった豊島区で漫画アニメのイベント

    トキワ荘のあった豊島区で漫画アニメのイベント

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース