パリが世界一の観光都市の座を明け渡した。ロンドン市長の諮問機関ロンドン・アンド・パートナーズによれば、2013年にロンドンを訪れた外国人観光客は1600万人だという。これは2012年に1590万人を記録したパリやニューヨーク、バンコクなど他のライバル都市を超え、世界でもっとも外国人観光客が訪れた都市になった。

ライバルのパリを抑えトップに立ったロンドンは喜んでいる。今回の結果にロンドン市長は、「五輪効果だ」と現地メディアに答えた。五輪開催の翌年は、人々の開催都市に対する興味は薄れる傾向にあるが、ロンドンはそのジンクスを破り、2013年上半期で8%の観光客の伸びを示した。大英博物館やテート・モダン、ナショナルギャラリーといった市内の有名観光スポットは、多くの外国人観光客を引きつけ、加えて英国全体では、外国人観光客は年明けから9ヶ月間で11%増加し、2500万人となった。

仏フィガロ紙はロンドン市関係者の話を引き合いに、ロンドンのイメージは五輪により大きく変わったと伝える。街は美しくなり開かれ、躍動的で、ロイヤルファミリーやビーフイーター・ジンといった、今までのありきたりなイメージから抜け出すことに成功したのだ。

ロンドンを訪れる外国人観光客の多くは、欧州の人々が中心だ。次いで北米、そして他の地域が続くという。外国人観光客は、2013年上半期で50億ポンド(約8600億円)を英国に落とした。その中心はウエストエンドと呼ばれるロンドン西部で、ショッピングやレストラン、観劇に観光客はお金を費やす。またロンドンは、五輪や王室記念事業で沸いた活気を継続させるため、様々なイベントを行い、観光客を呼び込み続けている。