bit

やっぱり塾には通わないとダメですか?

       
2月といえば受験の季節。首都圏では中学受験から始まり、高校受験、大学受験と続いていく。

少子化により大学は全入時代とは言われているものの、受験戦争の加熱は一向に収まる気配を見せない。その中で、自然と存在感を増すのが塾の存在。2013年の通塾率は小学6年生で49.7%、中学3年生で60.4%となっている。高校受験のある中学3年生は、体感的にはみんな塾へ通っているという感じになるだろう。また、私立・国立中学に通う生徒が全国平均で約8%、東京都でさえ25%強にとどまるにも関わらず、小学校6年生の半数近くが塾通いをしているのにも驚く。

一昔前は塾に通うことに後ろめたさを感じられた時代もあったが、もはや塾に通うのは当たり前の時代。とはいえ学校の予復習をしっかりやり、残りの時間は友だちと遊んだり、好きな習い事をさせた方が子供らしくていいのではないかとも思う。子供はやはり塾に通わせないとダメなのだろうか?

「少なくとも受験をしたいのでしたら、塾に通わないと難しいでしょうね」

そう語るのは育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささん。

「塾の力を借りずに中学受験に合格したという話をたまに聞きますが、よくよく聞くと、中学受験経験者の親御さんがほぼ毎日家庭教師のような状態で子供の勉強をみたりしているケースがほとんどです」

たしかに電車の車内広告や、この時期SNSで回ってくる中学受験の問題は、一筋縄にいかないものが多く、小学校の授業を真面目に受けているだけでは解けないのではないかと思えるほどハイレベルだ。また、あるデータによると、大学受験においても早慶一橋を含む主要難関大生の約95%が塾通いを経験しているという。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月3日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。