今年も2月5日から16日まで受賞作品展が開催中の第17回文化庁メディア芸術祭。アート・エンターテインメント・アニメーション・マンガの4部門で、大賞(各1作品)、優秀賞(各4作品)、新人賞(各3作品)の合計32作品に顕彰。あわせて業界に多大な功績を残した功労賞4名が選出されました。展示会場の国立新美術館では、これらの作品や功績が、全130作の審査委員会推薦作品と共に展示され、メディア芸術の今を一望できます。

なお、会場に足を運んだら、ぜひチェックして欲しいものがあります。それが作品紹介や顕彰理由などを記した受賞作品集。いわゆる「図録」です。館内で1500円で購入できるほか、ウェブで通販もされています。通常の展覧会と異なり、一般展示は無料ですので、そんなに懐も痛まないはず。というのも、かなり力が入った内容なんですよ。これなくしては、価値も半減といってしまいましょう。

そもそも、なぜ受賞作品展が無料なのか。答えは国の文化事業で、税金で行われているからです。文化庁のホームページに掲載された資料によると、平成25年度は「メディア芸術祭等事業」で3億7800万円の予算が計上されています。関連予算を全部あわせると、「メディア芸術の振興費」名目で、なんと11億200万円も使われているんですね。いやー結構な額じゃないですか。僕も改めてビックリしました。

ただ、メディア芸術ってなんでしょう? 国立メディア芸術総合センターの設立構想が

この記事の画像

「ところでメディア芸術って何?「文化庁メディア芸術祭」の目指すもの」の画像1 「ところでメディア芸術って何?「文化庁メディア芸術祭」の目指すもの」の画像2 「ところでメディア芸術って何?「文化庁メディア芸術祭」の目指すもの」の画像3