review

本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」

本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」
小林信彦・萩本欽一『ふたりの笑(ショウ)タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏』(集英社)<br />記事本文でとりあげたテレビ番組「九ちゃん!」には、その後、萩本もコント55号として出演している。ただし、このとき台本を無視してアドリブをしたところ、ディレクターの井原高忠に怒られたという。その後、井原から新番組『ゲバゲバ90分』への出演を依頼された萩本は、先の経験から、「また怒られながらやるのは辛いので、ぼくはやりたくない」と答えたが、井原から「じゃあ、欽ちゃんのことは怒らない」と言われ、それで引き受けることにしたのだとか。「怒らない?」と聞いてしまう若き日の欽ちゃんが、何だかマンガ『ぼのぼの』のシマリスくんみたいでかわいい。
きょう2月14日放送の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングのコーナーに萩本欽一がゲスト出演する。番組公式サイトのオンエア情報によれば、タモリと萩本の2人によるトークは初めてらしい。

もっとも2人はまったくの初対面というわけではない。最近刊行された、萩本と作家の小林信彦との対談本『ふたりの笑(ショウ)タイム』(集英社)によれば、タモリはかつて萩本の家からすぐ近くのアパートに住んでいて、いちど萩本宅にやって来たことがあったという。それは本当に唐突だったようだ。ある日、萩本が当時一緒に暮らしていた放送作家集団「パジャマ党」の面々とともに番組用の台本をつくっていたところ、ドアを叩く音がする。そこで作家の一人が玄関まで見に行くと、あわてて戻って来て、「げっ、玄関の前にタモリがいます!」と報告したという。

萩本もびっくりしながら玄関まで出ていき、「な~に、どしたの?」と聞けば、「いや~、近くに住んでるんで、面白そうだからピンポンしたの」とタモリ。「あ、そう。じゃあそんなとこにいないで上がんなよ」と家に上げると、タモリはその後3時間、みんなをさんざん笑わせ、これでは仕事ができないとやむなく帰ってもらったのだとか。

「ちょっとお邪魔します」などとかしこまって入ってくるのではなく、冗談っぽくスルッと入ってきて、当時まだ若かった作家連中を笑わせっぱなしにしたタモリを、萩本は《もうシャレとしては最高!》...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年2月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース