review

1ヶ月で総プレイ100時間を軽くぶっちぎり。史上最高の時間ドロボー3DS「ソリティ馬」

昔々ではないですがあるところに、競馬に勝てない下手っぴジョッキーがいました。生死の境をさまよった彼(彼女」の性別も選べます)の元に神様が現れ、「ソリティアを上手くプレイしたら勝てるようにしてやんよ」(意訳)と告げられるのでした……。

ソリティア×競馬ーー決して出会うはずのない二つが出会ってしまった『ソリティ馬』。本作がニンテンドー3DS用のダウンロードソフトとして、500円で発売されたのが昨年の7月末のこと。ソリティアといえばWindows(7まで)を買うとマインスイーパーと一緒に付いてくるタダゲーの代名詞であり、500円でも高くない?と怪しんだものです。それから1ヶ月だけで、総プレイは100時間を軽くぶっちぎり。史上最高に遊びがいのある500円でした……そして時間ドロボー!

『ソリティ馬』は、ゲームフリーク初の自社パブリッシングタイトル(自社名義で発売するソフト)。ゲームフリークは『ポケットモンスター』シリーズの制作会社ですが、本作にはピカチュウもロケット団も出てきません(それっぽい名前の馬はいますが)。ポケモン抜きでもドハマリする面白さで、発売から半年以上たった今でも「俺の時間を返せー!」「単位を落としたよ……」といった被害届が後を断たないんですね。
まずは馬主から2歳の馬を任される「若駒モード」。出走させたら観ているだけの某競馬ゲームと違い、馬を走らせるのはジョッキーであるプレイヤーのお仕事です。お馬さんをやる気にさせるのは、もちろんソリティア。Windows用のソリティアは「フリーセル」という種類ですが、こちらは「ゴルフ」と言われるタイプ。山札のカードの数字と±1のものを場札から取り除き、全てなくなればクリアです。「K」と「A」が繋がるようにアレンジされ(本来は「K」は「Q」、「A」は「2」としか繋がらない)よりスピーディーな展開になってます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ニンテンドー3DS」に関する記事

「ニンテンドー3DS」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ニンテンドー3DS」の記事

次に読みたい「ニンテンドー3DS」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク