review

映画「小さいおうち」の原作者が受賞していた「日本タイトルだけ大賞」とはなにか

映画「小さいおうち」の原作者が受賞していた「日本タイトルだけ大賞」とはなにか
『妻が椎茸だったころ』中島京子/講談社<br />他の短篇にも「蔵篠猿宿パラサイト」など、「日本タイトルだけ大賞」を狙えそうな題名が。
日本に数多ある賞の中でも、〈内容の優劣を問わず、タイトルのみのコピー、美しさ、面白さが際立つ書籍を表彰〉するという一風変わった賞が、書籍紹介サイト「新刊.jp」主催の「日本タイトルだけ大賞」だ。
今年1月10日に2013年度の選考会が行われ、その模様は「ニコニコ生放送」で放送された。

これまでの大賞作品は、

2009年『ヘッテルとフエーテル- 本当に残酷なマネー版グリム童話』
2010年『スラムダンク孫子』
2011年『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』
2012年夏の陣『月刊円周率2月号』
2012年『仕事と私どっちが大事なのって言ってくれる彼女も仕事もない。』

というラインナップ。

「日本タイトルだけ大賞」公式サイトを見てみると、受賞作品について講評などは掲載されていない。
タイトルのほか、著者名・出版社といった基本的な情報や、アマゾンへのリンクが貼られているのみ。
「興味があれば、中身は自分で検索してね」というノリの、とにかくタイトル重視の賞なのである。

ノミネート方法は、ツイッターでの投稿。
2013年に出版された書籍の中で今回エントリーしたのは、約300作品。
ノミネート作を見てみると、
『なぜ犬神家の相続税は2割増しなのか』『クラーク博士は大志を抱きすぎて投資で大失敗した』など、偉人や名作・アニメのキャラクターに別ジャンルの要素をからめたタイトルは、読者との距離を縮めやすいからと重宝されているのか、ノミネート数も多い。

あわせて読みたい

  • 「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

    「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

  • レビューの記事をもっと見る 2014年2月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら