review

東京駅復原を実現した建築史家・鈴木博之がショックを受けた「亡者の墓」

東京駅復原を実現した建築史家・鈴木博之がショックを受けた「亡者の墓」
鈴木博之『東京の地霊』(ちくま学芸文庫)<br />サントリー学芸賞も受賞した建築史家・鈴木博之の代表作のひとつ。1990年に単行本が出たのち、1998年に文春文庫から、2009年にはちくま学芸文庫からそれぞれ文庫化された。現在入手しやすい後者のカバーでは、東京大学本郷キャンパスの赤門の写真が使われている。赤門はもともと、江戸時代に彼の地にあった加賀藩・江戸上屋敷の御守殿門であり、藩邸地だった頃の記憶をいまにとどめる数少ない遺構だ。本書ではこのほか、やはり東大のシンボルである安田講堂が、なぜあのようなデザインになったのかについても言及されている。
2月3日、建築史家の鈴木博之が68歳で亡くなった。一昨年に完成した東京駅丸の内駅舎の復原プロジェクトにも深くかかわるなど、約40年にわたり近代建築の保存に尽力してきた鈴木はまた、建築や都市に関する多くの著書を残している。そこでは、近代日本の社会や歴史の記憶を、建築だけでなく土地のなかに読み解くことも多かった。その際、彼が好んで用いたのが「地霊」という言葉だ。

「地霊」とはゲニウス・ロキというラテン語を訳した語で、《ある土地から引き出される霊感とか、土地に結びついた連想性、あるいは土地がもつ可能性といった概念》を意味し、そこには《単なる土地の物理的な形状に由来する可能性だけではなく、その土地のもつ文化的・歴史的・社会的な背景と性格を読み解く要素もまた含まれている》というふうに、鈴木はその著書『東京の[地霊(ゲニウス・ロキ)]』の冒頭で説明している。

1990年に刊行された『東京の[地霊]』は、東京の13カ所の土地について、そこで起こったできごと、所有者や使用状況の変遷などを叙述し、それぞれの土地の抱える歴史・記憶を浮かび上がらせたものだ。そこではたとえば、維新の元勲のひとり・大久保利通の暗殺現場である千代田区紀尾井町周辺の土地がたどった数奇な運命や、現在、聖心女子大学の所在する渋谷区広尾の土地が、戦前には旧皇族・久邇宮家の邸地であり、奇しくも昭和・平成二代の皇后ゆかりの地であること(香淳皇后は久邇宮家の出、現在の美智子皇后は聖心女子大卒なので)など、土地を介した意外なできごとや人物の結びつきが次々とあきらかにされる。

あわせて読みたい

  • 映画、落語、大道芸、風俗、テレビ……昭和の好奇心、小沢昭一を偲ぶ

    映画、落語、大道芸、風俗、テレビ……昭和の好奇心、小沢昭一を偲ぶ

  • 天皇制、全共闘議長、新東京都知事・猪瀬直樹の著書と経歴

    天皇制、全共闘議長、新東京都知事・猪瀬直樹の著書と経歴

  • 丹下健三、丹下憲孝、岡本太郎、そして震災……解体間近、赤プリ物語

    丹下健三、丹下憲孝、岡本太郎、そして震災……解体間近、赤プリ物語

  • 満州国、平和記念公園、昭和基地、日本万国博覧会……壮大な建築の昭和史「メタボリズムの未来都市展」

    満州国、平和記念公園、昭和基地、日本万国博覧会……壮大な建築の昭和史「メタボリズムの未来都市展」

  • レビューの記事をもっと見る 2014年2月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら