bit

「社会科は暗記科目」は間違い!?(後編)

そこで、「行間を読む・埋める」ために行っている工夫がある。たとえば、「地図を片手に街を歩いて現場を確認する」「絵本などの読み聞かせを1単元に1回は必ずする」などの試みだ。
「多数の史料から結び付けていく歴史に比べ、地理の基本は地形や気候などです。この自然科学的な目をどれだけ養えるかというのが、地理を好きになれるかどうかの分かれめになると思います」
たとえば「温暖化によって日本はすでに熱帯になっているのでは?」という問いに、池末先生はこんな説明をする。
「日本の夏はすごく暑いけど、一年中夏服というわけじゃないよねぇ? 衣替えっていつだっけ? 地球温暖化と言われ、東京もずいぶん暑くなった気がするけれども、やっぱり寒い時期もあるわけだよね。一年中夏服でいられるのが、熱帯なんです。一応数字の上では……」
ここで初めて「数字」を見せる。衣替えに相当する月は、6月も11月も約18℃だ。すると、生徒たちは自分自身の経験と照らし合わせ、理屈がわかり、自然と頭に入るのだと言う。
「数字だらけ、データだらけでは、地理を嫌いになってしまう生徒も多いので、私は最初に数字を見せず、写真を見せたり、自分の経験などから語っていったりします。背景、記憶、物語などを通して、『気持ち』で数字とつなげていくんです」

ただし、気持ちで数字とつなげていくためには、教える側に写真やエピソードなど、様々な素材や準備が必要になる。
「それが社会経験だと思うんですよ。誰にでも使える教師用虎の巻など、どこにもありません。生徒とコミュニケーションのキャッチボールを繰り返す中で、自分専用の授業指導案が少しずつ出来上がってくる感じです。たとえば、『ハウスの中でイチゴ狩りをするとき、つまみ食いすれば、そこはイチゴの香りであふれていきます』と授業で語られれば、思わずイチゴが食べたくなります。でも、『冷涼・温和な気象条件が必要で、−5℃以下になると凍害の心配あり』と言われてイチゴが食べたくなる人は……すごく少数派ですよね」

無機的に並ぶ言葉や史料・データの数々を「気持ち」でつなぎ、背景を思い浮かべ、そこに温度をもたせることができたら、必死な暗記は必要なくなるということなのかも。
(田幸和歌子)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク