review

村上春樹はなぜ芥川賞を獲れなかったのか。選評でたどる芥川賞の歴史

       
ここ10年ほど、毎年のようにノーベル文学賞の噂がささやかれる村上春樹だが、意外というべきか芥川賞は受賞していない。デビュー作の「風の歌を聴け」が第81回(1979年上半期)、続いて「1973年のピンボール」が第83回(1980年上半期)の芥川賞候補にあがったものの、いずれも選から漏れている。

そんな村上について「もう何回か候補になっていればとったのではないか」と語るのは作家の奥泉光(「石の来歴」で1993年下半期の第110回芥川賞受賞)だ。何回か候補になればこの人は何をやりたいかが見えてくるから、というのがその理由である。実際、芥川賞選考委員(当時)の一人の大江健三郎は、その選評を読むと当初は村上の作品に否定的であったものの、2作目では評価を示している。

ただ、村上が芥川賞候補になったのはこの2回きり。3作目の『羊をめぐる冒険』は、芥川賞の対象はあくまで短編なので候補にあがらなかったのだろう。同作は野間文芸新人賞を受賞、村上はあれよあれよという間に“新人”の域を脱したこともあり、結局、芥川賞とは無縁のままであった。

――と、村上春樹の話も含め芥川賞の歴史を「選評」を通して顧みようというトークイベント、題して「芥川賞、この選評が面白い」が3月2日、「芥川賞&直木賞フェスティバル」(於:東京・丸ビル)にて開催された。登壇したのは前出の奥泉光と作家の角田光代(『対岸の彼女』で2004年下半期の第132回直木賞受賞)、それから進行役の鵜飼哲夫(読売新聞文化部編集委員)。事前にレジュメが配られ、鵜飼がその内容にしたがって進行、過去の芥川賞の選評について奥泉と角田が私見を述べるという内容は、さながら講義といった趣きで、前日からの2日間で計8組がトークセッションを展開した同フェスティバルにあってちょっと異色にも思えた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月11日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。