review

トンネルは芸術的な失策なのか『プロ野球[呪い]のハンドブック』

       
いよいよ来週金曜に迫ったプロ野球開幕。それを前に、プロ野球の選手名鑑やデータブックの類いが各社から刊行されているが、一風変わった本が廣済堂出版から出た。『別冊野球太郎 プロ野球[呪い]のハンドブック 2014年球春号』がそれだ(なお、廣済堂からはやはり「別冊野球太郎」の1冊として選手名鑑も出ている)。

野球と呪いというと、米メジャーリーグの「バンビーノの呪い」などが思い浮かぶ。これは、名門チームのボストン・レッドソックスが1920年、かのベーブ・ルースを球団の負債の肩代わりにニューヨーク・ヤンキースにトレードして以降、じつに80年以上にわたってワールドシリーズ制覇から遠ざかったことから、ルースの愛称のバンビーノからそう呼ばれたものだ。ひるがえって現代の日本のプロ野球にもさまざまな呪いがつきもの(憑き物?)である。この本は、そんな呪いという視点から、NPB12球団の2014年シーズンの戦力分析をはじめ、過去の記録、さらにはゲームの読み方を紹介する。

私は中日ドラゴンズのファンなので、本書を手に取ったときも真っ先にドラゴンズを分析するページを開いた。驚いたのは、昨シーズンのドラゴンズが本拠地・ナゴヤドームでの試合で29勝38敗1分と負け越していること(勝率は.433)。逆にセ・リーグの他球団で、ナゴヤドームで負け越したチームはなかった。長らくドラゴンズはホームで負け知らず、他球団にとっては呪いとなっていた“ナゴヤドーム神話”がここへ来て崩壊寸前というわけだ。昨シーズンは12年ぶりのBクラス(4位)に沈んだドラゴンズ、今年、谷繁元信・新監督のもとでAクラス復帰を目指すには、

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。