世界のユニークな法律でトラブルも? 高谷知佐子弁護士に聞く

物価も人件費も安く、大幅なコスト低減が期待できるから、という理由もあり昨今増えている日本企業の海外進出。最近では、インドやミャンマーに拠点を構える企業も少なくないという。

一方、言語、文化や感覚の違いから、契約トラブルをはじめさまざまな問題も起こりやすい。これまでに多くのアジア法律問題を解決してきた森・濱田松本法律事務所(以下、MHM)の高谷知佐子弁護士、小山洋平弁護士、Pavitra Iyer弁護士(インド法)にお話をうかがった。

海外進出で起こるアクシデントとは
文化や勝手が違うことはアクシデントの原因となる。小山弁護士いわく、「日本は比較的、時間やスケジュールを遵守して契約の交渉や取引の実行が進みますが、他のアジア諸国だとそうはいきません。契約書を交わしてもスケジュール通りに進まなかったり、当初の約束が守られなかったりして、日本企業が振り回されることは本当に多いです。むしろ、日本がアジア諸国の中ではユニークなくらいきっちりしているんですよね」とのこと。

スケジュールが守られるよう、確認事項は文書に残すようにし、相手のペースに飲まれないことが重要だという。企業が前もって懸念点を把握できるよう、MHMでは起こりうるアクシデントを事前に伝え、対応策を用意しておくなどのサポートを行っているという。

日本とインド、国民性の違いでトラブルも
Iyer弁護士によれば、時間をきっちり守る日本とは反対に、インドでは、バスの時刻表はあるが定刻通りに来ることはまずないというほど時間におおらかな国だという。スケジュール通りに案件が進まないことで、日本の社内調整が大変なことも多いという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク