bit

気にしすぎて悪化するケースが多発! 男性の32.3%が薄毛を気にしている現状に迫る

気にしすぎて悪化するケースが多発! 男性の32.3%が薄毛を気にしている現状に迫る
メンズヘルスクリニック東京の小林院長に、話を聞きに行ってきました!
思うに、春は“抜け毛”のシーズン。だって、増えてるんだもの! 入浴するじゃないですか。……おかしい。排水口に注目せざるを得ない……。
というか、日々の生活で「薄くなってきた」と感じる場面が多くなってる気がします。風呂上がりや、髪をセットする時などなど。年齢(記者は36歳)の問題もあるんでしょうけど……。

そこで、興味深いデータを発見しました。AGA・発毛治療、メンズヘルス外来を専門に行う「メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)」(東京都千代田区)が20~50代の6,334人の男性を対象に「薄毛に関する意識調査」を実施したようです。

まず、「現在、あなたは髪や頭皮について悩みがありますか?」という質問から。結果、気にかけている人(「現在悩みがある」「過去に悩んだことがある」「今まで悩んだことがないが、将来悩むかもしれない」いずれかを回答した人)は、全体の71.4%にも上りました。薄毛に関する悩みといえる「ボリュームが少ない」・「髪の毛が薄い」いずれかの項目を回答した人は2,043人と全体の32.3%という結果になっています。

では、なぜ薄毛を意識しはじめたのでしょうか 。「薄毛になったと感じ始めたきっかけは何ですか?」という設問では、「自分自身の頭部を鏡で見て」(45.0%)、「抜け毛が増えた実感があって」(25.5%)、「他人に指摘された」(12.9%)という回答がトップ3になったようです。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース