bit

魅力的な料理写真を撮るコツは?

料理の写真を撮って、SNSやブログに載せたことがある人は多いと思う。だが、本当においしそうな写真を撮るのは案外難しいもの。自分で作った料理なら、撮影の腕に加えて、盛り付け方もカギになる。料理の写真をさらにおいしそうに見せるコツは何なのか?

先日、アメリカ生まれの写真キュレーションサービス「Pinterest(ピンタレスト)」が、料理レシピの検索サイト「楽天レシピ」と料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」とともに、3社のユーザーを対象にしたフードスタイリングを学べるイベントを開催。これに筆者も参加し、料理上手なブロガーさんたちに交じって、あれこれ聞いてきた!
魅力的な料理写真を撮るコツは?

イベントには、スタイリストの大谷優依さんと料理人の後藤しおりさんが、講師として登壇。料理のスタイリングや写真のコツを教えてくれた。ポイントをまとめて紹介しよう。

1.色を入れすぎない
スタイリングの際、いろいろな色を入れすぎると、ごちゃごちゃしてしまいがち。料理の色合いだけでなく、クロスやカトラリーなど周りの色ともバランスをとろう。

2.器の選び方
料理のバックグラウンドも考えて、料理に一番似合う皿を選ぶようにしたい。たとえば、同じ“煮物”でも、田舎の煮物か、都会風にアレンジされた煮物かによって、器のテイストは変わってくるはず。器は一般的に高価なので、数をそろえるのが難しいが、比較的、広い用途に使えるのは、白で雰囲気のあるお皿。民芸品屋さんなどではリーズナブルで味のある海外のお皿が見つかることもある。クロスで雰囲気を変えるのもおすすめ!
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク