bit

パリの新グルメ、回転しゃぶしゃぶを体験してみた!

しばしば海外の日本食は、本家の日本人が想像しないような進化を遂げていることがある。以前コネタでパリの回転フレンチ(「すでにパリは回転ずし新時代に突入中!? 元ロブションのシェフが作る回転フレンチ」エキサイトbit)を紹介したが、今度もパリに「回転しゃぶしゃぶ」が登場した。店名はShabu Sha(シャブ・シャ)。市内アール・エ・メティエ駅周辺の、中華料理屋や中華食材店が小さく集積する地区にある。
パリの新グルメ、回転しゃぶしゃぶを体験してみた!

回転しゃぶしゃぶとは、回転寿司としゃぶしゃぶという日本が誇る食のスタイルを合体させ、現代の「お一人様」形態にも対応した画期的なレストランだ。ベルトが回るカウンター席には、しゃぶしゃぶ鍋が1人に1つ備えられている。そこで流れてくる具を選び、自分専用の鍋でゆでて食すのだ。
パリの新グルメ、回転しゃぶしゃぶを体験してみた!

じつはこれ、(以前、東京にもあったようだが)タイやベトナムなど東南アジアではすでに展開されているタイプのレストランだ。店内デザインも洗練されていて、流行に敏感そうな若者が多く入っていた。

しゃぶしゃぶといっても、日本のものとは少し雰囲気が違う。まず食材をボイルするだし汁はナチュラル、みそ、麻辣、羊から選べ、つけだれはゴマ、サテー(インドネシアの串焼き)、バーベキュー、シャブシャ・スペシャルから選択する。今回は初めてということもあり、だし汁はナチュラルをセレクト、つけだれシャブシャ・スペシャル(じつはコチュジャンだった)を頼んだ。

流れるメニューはワカメサラダ、枝豆、プチトマトといった、そのままで食べられる前菜から始まり、人参、エノキ、シイタケ、キクラゲ、チンゲンサイ、レンコンなどの野菜類、肉類は牛肉、羊肉、鶏肉、白身魚、イカの切り身の他に豆腐、ワンタン、油揚げなども流れている。回転寿司の要素も少しだけ残しており、エビフライやマグロ、キュウリを巻き込んだカリフォルニアロールが運ばれる。鍋にはご飯を合わせたい日本人としてはうれしい。うどん、ラーメン、春雨といった麺類もあり、食材から出たダシでうまみが深まった鍋に、それらを加え締めにできる。ただし各食材は質が高いものとは言えない。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース