review

『二軍』──血のにじむようなもうひとつのプロ野球の物語

『二軍』──血のにじむようなもうひとつのプロ野球の物語
『二軍』澤宮優/河出書房新社<br />人生に大切なことは全て二軍で学んだ。
「もう一回、ピッチングのABCから勉強してもらう」
楽天・星野監督の言葉を受け、ゴールデンルーキー松井裕樹が二軍落ちした。
高卒ルーキーが開幕一軍入りしたのがそもそも快挙。今後は改めて二軍で地力をつける日々が始まる。
昨日はかつてのゴールデンルーキー、斎藤佑樹も二軍戦で登板した。こちらは状態を確かめ、首脳陣にアピールする意味合いの方が大きいだろう。
最下位DeNAでひとり気を吐く40歳、中村紀洋も今季は開幕二軍スタート。腐らず調整を続けた成果か、一軍昇格後即4番で起用され、5試合連続打点を記録した。

ひと言で「二軍」といっても、選手の年齢や立場、チーム事情によって意味合いは大きく異なる。
一軍入りを目指して練習に明け暮れる者。
ケガや故障からの「調整」の場として利用するベテラン。
その一方で、「二軍はプロじゃない」という人もいる。
澤宮優著『二軍』(河出書房新社)は、華やかなプロ野球の陰で、汗と努力と苦労が似合う、もうひとつの日本プロ野球の姿を描いた一冊だ。

「一年で十一年分振ればいい」と二軍で(本当に)血のにじむような努力を重ねたことでスイッチヒッターとして開眼し、球界のスターにまで登りつめた高橋慶彦(元広島、ほか)。
井上真二(元巨人)、金剛弘樹(元中日)らファームの日本記録やタイトルを何度も獲得しながら、チーム事情から一軍では大成できなかった選手たち。
9年間のファーム生活を経て一軍でのチャンスを掴み、防御率1位のタイトルを獲得した戎信行(元オリックスほか)などなど。

あわせて読みたい

  • 頑固でマイペースでひょうきん者。野球殿堂入り、野茂英雄の素顔

    頑固でマイペースでひょうきん者。野球殿堂入り、野茂英雄の素顔

  • 田中将大フィーバーの影の我慢の日々。上原浩治の『不変』

    田中将大フィーバーの影の我慢の日々。上原浩治の『不変』

  • ガラスの天才投手、伊藤智仁の悲劇『マウンドに散った天才投手』

    ガラスの天才投手、伊藤智仁の悲劇『マウンドに散った天才投手』

  • イチロー選手がおれの中の光だった。川崎宗則『逆境を笑え』

    イチロー選手がおれの中の光だった。川崎宗則『逆境を笑え』

  • レビューの記事をもっと見る 2014年4月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース