bit

韓国、ワカメやのりがテーマの博覧会に行ってきた

韓国、ワカメやのりがテーマの博覧会に行ってきた
2014莞島国際海藻類博覧会、正門と「テーマ館」
2014年4月11日から5月11日までの1カ月間、韓国は朝鮮半島の南端に隣接する島「莞島(ワンド)」にて、海藻類をテーマにした世界初の国際博覧会「2014莞島国際海藻類博覧会」が開催された。ワカメやコンブというあまりにマニアックな話題で、いったいどんなエキスポが行われるのか? 私のような素人にも分かる内容なのか? さっそく足を運んでチェックしてみた。

のりやアワビの産地として知られる莞島は、ソウルから高速バスで5時間20分の位置にある。半島から橋で連結されており、島とは言えバス一本で行ける。
島の面積は88.57平方キロメートル、東京都の伊豆大島や北海道の礼文島に近い大きさだ。中心部には人の往来や店舗もそこそこあり、漁村というよりちょっとした町という印象。海岸沿いの道路には海鮮料理屋とモーテルがずらりと並んでいる。

会場は海岸沿いのふ頭に設けられており、正門にある未来的なタワー型建造物が目印となっている。チケットを購入して、さっそく中へ。平日に訪れたのだが、ご年配の方の団体や高校生を中心に、予想以上に多くの人が行き来している。海藻、あなどれない集客力だ。

まずは正面のメインパビリオン「テーマ館」へ。ここでは「海藻類は生命だ」をテーマに、高度な映像技術で海藻の姿を美しく見せる。さらには本物の巨大な昆布も展示されていた。
その隣の、海上に設置された「海藻類体験場」では、コンブ・ワカメ・ヒジキなど本物の海藻たちの養殖の現場に出会うことができる。うむ、海藻である。

あわせて読みたい

  • 『のり弁愛好家』竹田あきら氏の『のり弁哲学』と、美味しい『のり弁』とは?

    『のり弁愛好家』竹田あきら氏の『のり弁哲学』と、美味しい『のり弁』とは?

  • 海苔とかつおぶしをチョコにまぶしたら美味しかった!

    海苔とかつおぶしをチョコにまぶしたら美味しかった!

  • ミドリムシが入ったソフトクリーム

    ミドリムシが入ったソフトクリーム

  • コネタの記事をもっと見る 2014年5月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら