bit

池袋が「住みたい街」第1位の理由は?

東京で住みたい街といえばナンバーワンは吉祥寺っていうイメージありますよね。ところがある会社のデータでは「2013年上半期 全国人気の街ランキング」の「住みたい街」第1位が、池袋になったそう。これはどういうことなのか、調べた会社に聞いてみた。
この会社は、HOME'Sという不動産住宅情報サイトを運営する株式会社ネクスト。さっそく担当者さんに伺ってみました。
――住みたい街の1位が池袋って本当ですか?
「本当です。弊社は、不動産物件サイトなので、実際に物件に問い合わせをした記録を集計しているんです。見に行きたいとか、物件の写真を送ってほしいとか、何かコンタクトをとりたいと不動産会社に問い合わせした数を集計したものです。問い合わせ数が一番多かったのが池袋です」(同担当者さん)

――吉祥寺が人気の街の1位だという気がしていましたが、そのへんはどうなんでしょうか?
「弊社の調査は、イメージ調査ではなく実際の数の集計になります。2011年からずっと半年ごとに毎回行っているが、毎回1位は池袋になっています」(同担当者さん)

――池袋が選ばれる理由は何かあるんでしょうか?
「街としてのバランスの良さですね。ランキングにはイメージの良い街が常にランクに出てくると思いますが、イメージの良い街は家賃や生活費の高い街なのです。実際に住むとなると、家賃や通勤時間を考えると思うのですが、そこは住まいさがしに外せないポイントになってきます。他社さんの調査とは違って、より実態に近い結果だと思っています」(同担当者さん)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク