review

究極の認知症介護メソッド「ユマニチュード」とは

究極の認知症介護メソッド「ユマニチュード」とは
『精神看護2014年5月号』 ユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンスなどの問題にも結びつく「他者とどう関わるか?」ということを考えた介護メソッド「ユマニチュード」の特集号。
浴室で高齢の患者さんが、あらんかぎりの声で叫び続ける。
抵抗している。絶叫している。
看護師は、黙々と彼の身体を清拭している。

ユマニチュードの研修会の冒頭でよく流される映像。
知らない人が見れば暴力的な映像に見えるだろう。
だが、そうではない。
看護師は、シャワーで洗ってあげているだけなのだ。
だが、何かがたりない。

ユマニチュードは、フランスで生み出された高齢者ケアメソッド。
『精神看護2014年5月号』の特集で、紹介されている。
「見つめること」「話しかけること」「触れること」「立つこと」が4つの柱。
150を超える具体的なテクニックと哲学からなる新しい介護方法論だ。

しっかり相手のことを意識していないと「見つめること」ひとつとってもうまくいかない。
横たわったり座っている患者にとって、立っている人の視線は、斜め上からになる。
支配されているような気分にさせてしまう。
視野が狭くなっていればなおさらだ。
しゃがんで、水平に、正面から見つめる必要がある。

部屋にはいるときはノックをする。
しかも、ノックしてすぐに入るのではない。
“まずノックをして、自分が来たことを知らせ、出会いの準備をする。「トントントン!」(3秒待つ)「トントントン!」(3秒待つ)「トン!」”
3秒待つのは、患者さんに情報処理の時間が必要だからだ。
眠っているかもしれないのだ。急に声をかければ、おびえさせてしまう。
出会いの準備をしっかりすることによって、穏やかに関係を作る。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年5月23日のレビュー記事
「究極の認知症介護メソッド「ユマニチュード」とは」の みんなの反応 1
  • アメディオ 通報

    母が認知症なのですがヒントを貰いました、ありがとうございます。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース