bit

異例の大ヒット!ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』監督に話を聞いてみた (後編)

異例の大ヒット!ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』監督に話を聞いてみた (後編)
異例の大ヒットのドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』。劇中劇の脚本は大のハリウッドファンであるアンワルら書いたものをベースにしている。中には幻想的なイメージ映像もあるが、それが加害者の贖罪意識を反映していて面白い。
※前編はこちらから

海外の政治を扱ったドキュメンタリー映画としては異例のヒットを続けている『アクト・オブ・キリング』(以後『アクト』)。前編でも触れた通り、大虐殺に携わったギャングたちが劇中映画の脚本を自ら書き本人役で出演しているため、テーマのおどろおどろしさとは裏腹にどこかのどかな雰囲気が流れている。

文化祭の自主制作映画さながらのキャッキャッした雰囲気で行われる撮影はどこか間が抜けているが、映画の製作自体がかなり危険な行為だった。
そのことが一番端的に表れているのがエンドロール。スタッフクレジットに延々と「Anonymous(匿名)」の文字が続くのだ。
監督のジョシュア・オッペンハイマー氏は現在のインドネシアの状況を、ユダヤ人の虐殺を行ったナチがそのまま政権に残っている状況のようなものだという。インドネシア人にとっては、この映画の制作に携わっていること自体が生命の危機につながりかねない。にも関わらずリスクを省みずなぜ映画制作に関わったのか、共同監督のAnonymous氏に話を聞いた。

「幼い頃からインドネシアの歴史はどこかおかしいと感じていました。そして(スハルト政権を退陣に追い込んだ)1998年のデモに参加したのですが、結局トップがすげ替わっただけで、独裁政治の体制はまったく代わりませんでした。そこでインドネシアの民主化には「人民の力」や草の根運動が不可欠だと思ったのですが、長年の恐怖政治のため農家や小作農たちは政治的主張ができなくなってしまっていました。そんな時に監督からこの映画の話が来たのです」

あわせて読みたい

  • フクシマ関連ドキュメンタリーがグアム国際映画祭でグランプリを受賞

    フクシマ関連ドキュメンタリーがグアム国際映画祭でグランプリを受賞

  • ナント三大陸映画祭で最高賞獲得!  『サウダーヂ』共同脚本家・相澤虎之助さんに映画祭のウラ話を聞く!

    ナント三大陸映画祭で最高賞獲得!  『サウダーヂ』共同脚本家・相澤虎之助さんに映画祭のウラ話を聞く!

  • インド人は映画中に本当に踊るの? インド人に聞いてみた!

    インド人は映画中に本当に踊るの? インド人に聞いてみた!

  • コネタの記事をもっと見る 2014年5月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら