review

人気急上昇、小栗旬「BORDER」6つのポイント。押さえておけば今晩から見たって面白い

       
小栗旬主演のミステリードラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(テレビ朝日 木曜21時〜)が、5月22日放送の7話で、16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をとった。
初回こそ9.7%と低かったが、回を追うごとに上がっていっている、このドラマが、なぜ、多くの視聴者の心を捉えるのか。8回からでも間に合う、『BORDER』の面白さをチェックしてみよう。

その1.途中から見ても、話の骨子がすぐわかる

小栗旬演じる主人公・石川安吾は、刑事。だが、ただの刑事ではない。毎回、事件の真相を探っていくときに、特殊能力を使う。
以下が、能力を説明するナレーションだ。

人は死んだらどこに行くのだろう
ぼくはある事件に巻き込まれ、頭に弾丸を打ち込まれた
頭のなかを半周した弾丸は脳底動脈のすれすれで止まり
奇跡的に命を取り留めた
ただ、その弾丸を取り除く手術は困難で
ぼくはしばらくこの弾丸とともに生きていくことになった
その結果
ぼくは
死者と話せるようになった

なんて、明快。なんて、ドラマチック。
このナレーションが、毎回ある(しかも脳の図入り)ので、
初見の視聴者にも、すぐ、内容がわかるようになっている。

冷静に考えると、頭の中に弾丸が入っているという危険な状態。
主人公は、生と死のBORDERにいながら、日々、事件を解決しているのだ。

その2.主人公が捜査する、事件のヒントがいっぱい!

主人公は死者と話せる能力をもったため、事件の被害に遭って、亡くなった人から、事件の真相を聞くことができる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。