review

AKB48選抜総選挙を徹底解析「予定調和で終わらない」という予定調和を崩した

そのほか、73位の矢方美紀(SKE48)や78位の宮崎美穂(AKB48)のように2年ぶりに返り咲いたメンバーもいれば、40位の木下有希子、74位の阿比留李帆(いずれもSKE48)、71位の田名部生来(AKB48)のように選挙に過去4~5回参加しながら今回初のランクインを果たしたメンバーもいる。田名部がステージで涙ぐみながらの「あの、ドッキリでしょうか!? 夢のようです」との第一声には実感がこもっていた。オタクカルチャーに造詣の深い彼女は、ここ数年、ソロで趣味に関する仕事も増えつつある。自身もそれをアピールしてきた。今回のランクインはそれが功を奏してのものであることは間違いない。

■HKT48メンバーの大躍進
姉妹グループ、とくに福岡を拠点とするHKT48のメンバーが躍進したことも特筆される。前出の指原に加え、宮脇咲良が11位で初めて選抜メンバー入りを果たしたほか、アンダーガールズに兒玉遥(AKB48兼任。21位)・森保まどか(25位)・朝長美桜(AKB48兼任。27位)、ネクストガールズに田島芽瑠(38位)・穴井千尋(39位)・多田愛佳(42位)・本村碧唯(48位)、フューチャーガールズに坂口理子(60位)・松岡菜摘(64位)、さらにアップカミングガールズに村重杏奈(67位)・駒田京伽(79位)と計13人がランクインという大躍進であった。この躍進にはHKT48劇場の支配人も兼任する指原莉乃が、この1年のあいだに熱心に各メンバーをアピールしてきたことも大きい。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年6月8日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース