bit

アメコミの魅力に触れる「若葉ナイト」に潜入!

       
以前にコネタで紹介した、アメコミなどの海外コミック翻訳本専門マンガ喫茶「ACBD」
『スパイダーマン』や『バットマン』といった人気作品の翻訳本がリーズナブルに楽しめるということで注目度が高まっているのだが、同店で特に盛り上がりを見せているのが、アメコミファン同士で映画を観たり語りあう「アメ懇」などのイベント。

でもアメコミは専門用語がよくわからないし、語れるほど読んでない……という筆者のようなアメコミ初心者向けに「みるみるわかるアメコミのしくみ」「若葉ナイト」という2つのイベントが5月からスタートしたので、さっそく行ってみることに!

講義のようなスタイルの「みるみるわかるアメコミのしくみ」は、店主・内尾さんがアメコミの基礎知識をわかりやすく解説してくれるイベント。初回はほぼ満席で、参加者の顔ぶれは10代の学生からカップル、OL、サラリーマンまで、年齢も性別もまちまちといった印象だ。

この日のコンテンツはアメコミ作品ができるまでの過程や出版形態に関する解説がメイン。例えばアメコミは細かな分業制が取られていて、原作者である“ライター(スクリプター)”、ラフ画を描く“ペンシラー”、ペン入れを担当する“インカー”、色を塗る“カラリスト”、フキダシに台詞や効果音を入れる“レタラー”と、複数のクリエイターが1つの作品に関わっているケースが多いのが日本のマンガとは大きく違うポイントだということ。また、アメコミの専門用語で特にわかりにくい”ユニバース”(さまざまな作品に登場するヒーローたちが、同じ世界に住んでいるという設定)については、『スパイダーマン』『アベンジャーズ』などの出版社のマーベルコミックスと『バットマン』『スーパーマン』などのDCコミックでそれぞれいくつかのユニバースが存在していて……と、やや複雑。解説を聞きながらうなずいている人も多かった。こういった解説以外にも、ビギナーにおすすめの作品(マーベルコミックスの歴史を振り返る『マーベルズ』など)を紹介したり、質疑応答のコーナーでは、参加者の人々も交えて疑問に答えたりと和やかな雰囲気。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月13日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。