review

KAT-TUN新曲「In Fact」に“昭和の男”を見た

未経験にも関わらず編集者に抜擢された主人公の吉成ちなみ(沢尻エリカ)は、それだけでも同僚の反感を買うのに、遂には編集長の座まで手にしたことで戦いは一層激しさを増した。汚い手を使ってでも蹴落とそうするライバルたちを前に何度も心が折れそうになる。しかし何度も立ち上がり、正面から挑戦を受けて立つ姿が描かれている。

KAT-TUNも2006年のデビューからこれまでに色々なことがあった。中でもメンバーの脱退は、最もダメージが大きい。グループ自体のイメージダウン、ファン離れだって懸念される。過去に何十曲もリリースした楽曲の歌割りや、振り付けやフォーメーションもやりなおし。特にソロパートの穴埋めは曲の印象を変えてしまう。いなくなったメンバーの穴を埋めるのは、容易ではない。

でも、何があっても彼らは逃げなかった。言葉を濁したり、傷を隠したり、事務所の力を使えばうやむやにできた事もしなかった。実際にメンバー脱退報道の翌日に、亀梨は朝から生放送番組に相次いで出演。一連の騒動の説明と謝罪をした。

『スッキリ!』(日本テレビ系)ではこんなコメントをした。
「すごく僕自身は悔しい思いがありますね。はやり最初1人抜けて、5人でずっとやっていくんだという思いの中でやってきたので、それがかなわないことは悔しいです」と、心境を自分の言葉で語った。これに対して司会の加藤浩二は「えらいよ亀梨君。嫌なら出て来なくてもいいんだから。しゃべらなくていいんだから」とその姿勢を讃えた。

あわせて読みたい

沢尻エリカのプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「沢尻エリカ」に関する記事

「沢尻エリカ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「沢尻エリカ」の記事

次に読みたい「沢尻エリカ」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。