review

東京オリンピック開催に揺れる『新国立競技場、何が問題か』

去る5月末に56年の歴史に幕を閉じた国立霞ヶ丘競技場(以下、国立競技場と略)。その取り壊し工事は今月中にも着手される予定だったのが、施工者が決まらず、当初の計画よりも遅れそうだという(「日本経済新聞・BPニュースセレクト」2014年6月12日)。

1958年のアジア大会開催にあわせて竣工され、1964年の東京オリンピックではメインスタジアムとなった国立競技場は、解体ののち、その敷地に新たな競技場が建設される予定だ。新国立競技場の完成は2019年、その翌年の2度目の東京オリンピックでは主会場に位置づけられている。一昨年にはそのデザインを決めるための国際的なコンペが実施され、選考の末、イラク生まれでイギリスを拠点に活動する建築家、ザハ・ハディドの案が最優秀賞案に選ばれた。

この新国立競技場案をめぐっては、ここへ来て議論が活発化しつつある。その契機となったのはおそらく、建築家の槇文彦が昨夏、建築雑誌に寄せたエッセイで、新競技場案に真っ向から異論を唱えたことだろう。現代日本を代表する建築家の一人である槇のこうした動きを受けて、昨年10月には槇をはじめ建築や都市の専門家が集まりシンポジウムも開催された。今年3月に刊行された『新国立競技場、何が問題か』(槇文彦・大野秀敏編著、平凡社)は、例の槇のエッセイやシンポジウムを再録するほか、識者たちの提言をまとめたものだ。

本書に登場する人々はみな、神宮外苑における新国立競技場の計画の見直しを求めている。だが、必ずしもハディドのデザイン案を否定しているわけではない。たとえば東京農業大学の元学長の進士五十八(専門は造園学・環境計画)は、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク