review

「DOCUMENTARY of AKB48」どんなアイドルもファンなしにはありえない

「DOCUMENTARY of AKB48」どんなアイドルもファンなしにはありえない
映画「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う」パンフレット<br />昨年大晦日の紅白歌合戦で突然卒業を発表した大島優子が、6月にグループを去るまでの過程を軸に、研究生やドラフト生など新人たちがグループに溶け込もうとする様子などを通して、絶えず変わり続けるAKB48の姿を伝える。
「AKB48は簡単な場所じゃありません」
去る6月に行なわれた「AKB48選抜総選挙」で2位になった指原莉乃(HKT48)が、その開票イベントでのあいさつのなかで口にした言葉だ。AKB48のことを、組織などといった言葉ではなく「場所」と表現しているのが興味深い。実際に在籍する彼女たちにとって、活動をともにするメンバーが絶えず入れ替わり続けるAKB48は、やはり場所以外の何物でもないのだろう。そんなことを、先週末に全国で上映の始まった映画「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う」を観て、あらためて思った。

「DOCUMENTARY of AKB48」は2011年以来シリーズ化され、毎年1作のペースで公開されてきた。高橋栄樹監督にとっては、これが同シリーズ3作目にあたる。高橋が初めてメガホンをとった2012年版では、前年の震災直後のグループの動向のほか、まるで戦場のようなコンサートの舞台裏を描いて波紋を呼んだ。続く2013年版では、恋愛問題などさまざまな理由からグループを離れたメンバーにもスポットを当てたことが特筆される。さて、今年はどんな切り口となるのか? 高橋は《過去2作品で良くも悪くもフォーマットができすぎてしまったという反省もあり、今回は違うやり方でアプローチしないといけないなとは思いました》と本作のパンフレット所収のインタビューで語っている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース