review

木曜深夜1時、ハガキ職人は“真夜中の甲子園球児”だった『ビートたけしのオールナイトニッポン』

夜中は、どう過ごしている? 私に関して言えば、仕事に悪戦苦闘しながらネット上を行き来しつつ、BGVとしてテレビをつけっぱなし。これが、ルーティンと言って良いだろう。
昔は、違った。昔と言っても、20年ほど前の話。小学校卒業間際から“深夜ラジオ”にハマり、自ずと睡眠時間は激減。翌朝に残る体力は微々たるもので、当然「帰宅部」一択の学校生活を過ごす。そんな、少年~青年期であった。

当時(というか今でも)最も好きな芸人は、ビートたけし。かすかな噂で「たけしが夜中にラジオをやってるらしい」という情報を入手した弱冠12歳の私は、木曜25時のニッポン放送にダイヤルを合わせた。……が、一時間ともたずに夢の国へと落ちていくのが常。
ちなみにその頃、高田文夫はすでに番組を卒業。数年経って聞かされた話では「『たけし城』収録の合間、緑山のスタジオで軍団を聞き手に録音」という形式をとっていたとのこと。ヴォルテージが落ちるのは、言うまでもない。そして程なく、パーソナリティはたけしから当時無名の古田新太へと交代する。
現在、番組の音源はネット等で容易に入手できるものの、それだと意味合いが全く異なることは理解していただけると思う。我々世代(筆者は1978年生まれ)にとって『ビートたけしのオールナイトニッポン』は、夜空の星を見て一万年前の人に思いを馳せるのと同義。それこそ、同時代を体験した“語り部”によるエピソードこそが至福。思い入れを盛っていただき、ようやく帳尻が合うというか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ニッポン放送」に関する記事

「ニッポン放送」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ニッポン放送」の記事

次に読みたい「ニッポン放送」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク