bit

“えのすい”で観られる! 最新技術を使ったファンタスティックな深海ショー

“えのすい”で観られる! 最新技術を使ったファンタスティックな深海ショー
巨大なマッコウクジラや珍しい深海生物たちと、水槽に泳ぐ実際の魚たちが華やかに競演する“深海世界のオアシス”(写真はイメージ)。
先日コネタで紹介したように、このシーズンの各水族館ではさまざまなイベントが行われている。その中で、この夏に世界初の試みを展開するのが新江ノ島水族館(以下えのすい)だ。

開館10周年を記念して行われる『ナイトアクアリウム』は、期間中の連日17:00よりスタートするイベント。その目玉となるのは、大水槽をバックにダイナミックな音楽と光で演出されたCGを投影する3Dプロジェクションマッピング。
3Dプロジェクションマッピングといえば、東京駅やお台場のガンダムなど建造物を使ったものが有名だが、今回はエイやイワシといったたくさんの生き物たちが泳ぐ大水槽をバックにしたもののほか、人感センサーを使ったインタラクティブなものなどが楽しめる。
この世界初の試み、一体どのようなイベントになっているのだろうか?

先日行われたプレビューでは、エントランスに足を踏み入れるといきなり七色のサンゴ礁やイベントのテーマの“深海(Deep Sea)”を暗示するようなディープブルーの海の“ウェルカムマッピング”が現れ、取材陣から思わずため息が……。

相模湾の生き物たちが見られる相模湾ゾーンの通路を進むと、水槽から波が溢れだしたようなマッピング“生命の海”に到着。光虫たちが波間からキラキラと光を放つのだが、ここでは来場者の足元の動きに合わせて静かにさざ波が寄せてくるような演出があり、なんとも幻想的だ。

さらに頭上を泳ぐアカエイなどを眺めながらスロープを進んだ“海中生物との戯れ”ゾーンでは、壁面にカラフルな見た目が愛らしいウミスズメ(フグの仲間)たちが登場。来場者たちの動きに合わせて、岩陰から出てきたり隠れたりする仕組みになっているのでかなり楽しめる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。