review

同族経営はなぜ破綻するのか「おまえが母さんを借金まみれにしたことだけは許せない」

同族経営はなぜ破綻するのか「おまえが母さんを借金まみれにしたことだけは許せない」
バイオ企業・林原の経営破綻後、同社を長年二人三脚で経営してきた兄弟がそれぞれ著した書籍。『破綻』(画像左)の林原靖は元専務で弟、『林原家』の林原健は元社長で兄。
サントリーホールディングスの次期社長(2014年10月就任予定)が、ローソンの経営トップを12年間務めた新浪剛史に決まったと発表されたのは、この6月のこと。サントリーが創業家以外から社長を迎えるのは、1899年に鳥井商店として創業して以来初めてのことだ。社長の外部登用には、社内に新風を吹きこみ、世界戦略を加速する必要からとの見方もある。

サントリーはまた、大手企業ながら株式を上場していない。ただ、今後はともかく、これまでサントリーがオーナー企業にして非上場企業であることを求心力に発展してきたことは、一面では事実だ。非上場の理由としては、「酒の醸造には時間がかかり、短期的な利益を要求される株式公開になじまない」「株主に商品の味を左右されたくない」「直接的な利益に結びつかない文化事業のリストラを要求されるため」などがあげられる。たしかに、文化事業はサントリーの企業イメージを向上させるのに大きく貢献してきた。あるいは、業界では最後発ながらビール事業を軌道に乗せることができたのも、創業者・鳥井信治郎からの「やってみなはれ」の精神で長期的に取り組むことができたからだといわれる。

そのサントリーをして、同族経営を改めようとしている。同社ばかりでなく、2009年に初めて外部から経営者を招いたカルビーなど、近年になって同族経営から脱却をはかる企業は目立つ。同族経営にはどうしても前近代的なイメージがつきまとうが、最近の動向はそれに拍車をかけそうだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。