review

「ハイスコアガール」著作権侵害問題を考える(C)マークは実は重要ではないのか

SNKプレイモアは、単行本・電子書籍・雑誌などの販売の即時停止を要求。「(スク・エニ側から)なんら誠意ある対応がなされませんでした」として刑事告訴に至ったと、公式サイトで発表している
これを受けて、スク・エニは『ハイスコアガール』の単行本自主回収、電子書籍版の配信中止を決定(連載中止やアニメ化中止はないとしている)。ただし、SNKプレイモア側とスク・エニ側では主張が一致しておらず、今後の発表を待つ形になるだろう。

基本的に、日本のコンテンツホルダー(出版社・新聞社・テレビ局・映画会社など)は、著作権について大きく争わない方針を取っている。著作権は現行の法では「親告罪」であり、著作権者が訴え出ないかぎり罪には問われない。訴え出ない理由は、いわばもちつもたれつの関係にあるからだ。加えて、著作権法では「引用」も認められている。正当な範囲内であれば、他人の著作物を利用していい。

かといって、使いたい放題というわけではない。「これは引用の範囲を超えるかもしれない」「著作権を侵害するかもしれない」と感じた場合は、先方に許可をとる慣例ができている。
他作品のパロディネタが多い「銀魂」は、こまめに許可を取っている一例。他社の作品や、社会的なイメージを重要視している作品(子供向けアニメなど)を扱う場合は慎重になるのが一般的だ。

この慣例をスク・エニ側が知らなかったとは思えない。現に『ハイスコアガール』も一律に許諾を受けていなかったわけではなく、いくつかの企業から許可を得ている。SNKプレイモアから許可をとるさいに、なんらかの過失や行き違い、齟齬が生じていたのだろう。

あわせて読みたい

  • ぼくは小春派です。『ハイスコアガール 公式ファンブック』が濃すぎる件

    ぼくは小春派です。『ハイスコアガール 公式ファンブック』が濃すぎる件

  • 「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!

    「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!

  • ネットもケータイもパソコンもない80年代のオタクライフ!『同人少女JB』

    ネットもケータイもパソコンもない80年代のオタクライフ!『同人少女JB』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年8月7日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース