bit

軽いのに強風でも折れない、安全製の高い「傘」とは

傘と聞くと、強風にあおられたりして、骨が折れたことをよく思い出す。安い傘であればあるほど折れやすい感じ。おかげでずぶぬれになることも……。骨がなければ傘として成り立たない、そんな常識を覆す製品がこのほど世に出た。それは、なんと“骨がまったくない”というのだ。そんなタコみたいな傘が役に立つのだろうか?
軽いのに強風でも折れない、安全製の高い「傘」とは

「はじめての傘 おひさまレインボー」(マイファースト、販売・白箱)がそれ。実は開傘時で約60cm、全高約38cmの1.5~3歳くらいまでの子ども用傘だ。材質は塩化ビニールで、子供への安全性の考慮から一切金属を使っておらず、付属のポンプで膨らませて使用するそうだ。これって、海水浴場でおなじみの浮き袋みたい。商品説明には、「晴れた日のお散歩、プールやお風呂場での水遊びにも」とあり、雨の日にはレインコートを着て傘の役目を果たす。
軽いのに強風でも折れない、安全製の高い「傘」とは

えっ、傘じゃないの?
いちおう傘なのだが、ふつうの傘ほど雨にぬれることを防ぐことはできないサイズ。傘本来の役割というよりも、大人や自分より大きい子どものように傘をさしたいという願望を安全・安心にかなえてあげることを優先したアイテムなのだ。
軽いのに強風でも折れない、安全製の高い「傘」とは

実際、現物を取り寄せて膨らませてみた。持った感触、臭いはまさに浮き袋やビーチボールである(とても懐かしい感じ)。絵柄は傘中央ににっこり笑顔のお日様が描かれ、子供はもちろん大人もなんとなくほんわか癒やされそうなデザインになっている。
軽いのに強風でも折れない、安全製の高い「傘」とは

さて、膨らませるにあたって、付属のポンプがやはり子供用であり、とても小さい。なので、大人からすると膨らませるのに時間がかかってもどかしい。しかし、ここは童心にかえって根気よく膨らませることにした。すると、数分かかってようやく傘が完成。ふつうの傘でいう持ち手と骨部分、そしてお日様に空気を入れることで、形が成り立っている。なるほど、たしかに骨なし傘である。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース