bit

ALS患者自らチャレンジで話題!「氷水バケツ」あなたは賛成?反対?

ALS患者自らチャレンジで話題!「氷水バケツ」あなたは賛成?反対?
世界中で大ブームになっているアイス・バケツ・チャレンジ。写真は日本のALS患者のスピーカー的存在の藤田正裕さんが、自らの危険を省みずチャレンジした様子。
ビル・ゲイツトム・クルーズレディー・ガガスティーブン・スピルバーグタイガー・ウッズクリスティアーノ・ロナウド孫正義三木谷浩史三浦知良浜崎あゆみ――日本、そして世界中のセレブリティーがこぞって参加しているのが「アイス・バケツ・チャレンジ」(敬称略。以下「氷水バケツ」) 。

ソーシャルメディアをお使いの方は、さまざまな著名人が連日チャレンジする様子が流れてきて、今さら説明も不要かもしれないが、これはALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に対する認知度を高め、撲滅を目指すためにアメリカから始まった運動だ。
指名を受けた人は、バケツに入った氷水を頭から浴びるか、研究機関に100米ドルを寄付するかしなければいけないということになっている。氷水を浴びた映像はソーシャルメディアにアップし、さらに新たな挑戦者を3人指名するのが決まりだ。

今年7月にアメリカで始まると、瞬く間にセレブリティーを中心に広がりちょっとしたお祭り騒ぎになった。日本にもすぐに飛び火し、冒頭に挙げた著名人の他にも日々すごい勢いで参加者が増えている。

同時に、この運動に対する批判の声も上がっている。
アメリカではこの運動をスラックティヴィズム(社会善を行っているつもりの自己満足行為)と非難する声も多く、水不足が深刻なカリフォルニア州では氷水バケツを行った人に対して500米ドルの罰金を課している。ロンドンブーツ1号2号の田村淳は、実施後にネットを中心に「売名行為だ」などと非難され、Twitterでそれに反論している。また、タレントの武井壮は、氷水バケツ運動自体の趣旨を尊重しながらも、自身は信条からチャレンジを辞退している。

あわせて読みたい

  • 病気じゃないのに調子が悪い……。女性の疲れってどんなもの?

    病気じゃないのに調子が悪い……。女性の疲れってどんなもの?

  • その腰痛、本当にただの腰痛ですか?

    その腰痛、本当にただの腰痛ですか?

  • 「風邪が治っても、咳だけ残る」のはなぜ?

    「風邪が治っても、咳だけ残る」のはなぜ?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年8月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース