bit

ホットケーキにも使える! 甘い"にんにく"の正体とは

先日、青森県に行ったとき、「黒にんにく」の試食販売をしていた。サプリメントなどで名前を聞くことはあっても、実物を目にしたのは初めて。名前通りの真っ黒な見た目に驚いた。

なぜこんなに黒いのか? そういう品種なのか?

売り場でもらったリーフレットによれば、黒にんにくとは、生にんにくを高温・高湿の環境で、一定期間熟成・発酵させたものだという。色が黒いのは、タマネギを炒めるとあめ色になる原理と同じ、「メイラード反応」によるもの。糖とアミノ酸やタンパク質が作用すると、メライノジンと呼ばれる褐色物質が生まれるのだ。

さらに熟成させることで、にんにく特有の匂いが少なくなり、甘味が増してドライフルーツのようになる。実際に食べてみたが、やわらかく甘みがあり、まるでプルーンのよう。にんにく特有のにおいもなく、そのまま食べてもおいしいから、小腹が空いたときのおやつや、お酒のおつまみにも良さそうだ。そういえば試食販売では、クラッカーにチーズと黒にんにくをのせて提供していたが、そんなオシャレな食べ方も似合う。

にんにくの名産地である青森県には、黒にんにくを作るメーカーもいくつかある。今回は、2012年から黒にんにくを販売しているブラックガーリック・カンパニーの中村さんに話を聞いた。

なぜ、黒にんにくを発売しようと思ったのか?
「私自身がもともとにんにく好きでして。生にんにくも大好物なのですが、臭いが気になるので毎日食べる訳にもいきません。そんなとき、たまたま出会った黒にんにくのおいしさに魅せられました」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク