review

堺の怖い話、妖怪、郵便、そして同人誌発表作品は文学賞に応募できるのか。第2回大阪文学フリマレポ

       
■『日常想像研究所 2』(NEKOPLA
エキレビの文フリレポでは毎回のようにとりあげているNEKOPLAさん。今回の新刊ではとくに、郵便についてとりあげたいくつかの文章が興味深かった。たとえば「ポストの時刻表」という文章では、市中のポストの集荷時間から、取集車の巡回ルートを見出そうとする。これはようするに、鉄道の時刻表から鉄道の運行状況を読み取るのを郵便にあてはめたものだ。あるいは、郵便事故で行方不明になった郵便物はどこへ行くのかという疑問に対し、「『郵便次元』に入りこんだ」との仮説を立てているのも愉快だった。「郵便次元」とは、まるで現代思想用語みたいじゃないですか。

■『樹林』vol.593(大阪文学学校
文学フリマでは、昔ながらのプロ志向の強い同人誌も手に取ることができる。大阪でいえば、大阪文学学校の機関誌『樹林』はその代表格といえるだろう。同誌では毎年一回、在校生から作品を募集し、それを生徒代表が選考して掲載作品を決めた「在校生作品特集号」を発行している。各作品ごとに付された選考評からは、その作品のいいところ、惜しいところがきわめて具体的に書かれていて参考になる。なかには、小説の真髄を示唆するものもあって、同誌vol.593(2014年6月発行)のある小説の選評での、《たとえば、孤独を表すのに、〈孤独〉と書いてしまえば、そこまでです。前にも後ろにも薦めない。辞書にある〈孤独〉でしかない。(中略)あらゆる言葉を取捨し、登場人物の想いの複雑、繊細、あるいは単純、そして関係性を織っていくことが小説という媒体の存在できるひとつの魅力だと思います》との一文など、深く納得させられる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年9月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。